身障者に優しい自動車サイドムービングシート仕様車』や『タウンボックス車いす仕様車』─三菱自動車

身障者に優しい自動車サイドムービングシート仕様車』や『タウンボックス車いす仕様車』─三菱自動車のページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

身障者に優しい自動車サイドムービングシート仕様車』や『タウンボックス車いす仕様車』─三菱自動車

三菱自動車が27日(日)までインテックス大阪で開かれている西日本最大規模の総合福祉展「バリアフリー 2008」に『デリカD:5 サイドムービングシート仕様車』や『タウンボックス車いす仕様車(ニールダウン式)』など、同社の福祉車両「ハーティーラン」シリーズから計4台を出展しているそうです。人に優しい自動車という思想は拡大すれば身障者に優しい自動車ということになるのでしょうか。会場内の同社ブースでは、展示車によるデモンストレーションにより、「ハーティーラン」シリーズの実際の使い勝手を体験することができるそうです。

出展車両は『デリカD:5 サイドムービングシート仕様車』『eKワゴン 助手席ムービングシート仕様車』『タウンボックス  車いす仕様車 (ニールダウン式)』『ミニキャブ 車いす仕様車 (テールゲートリフト式)』。ムービングシート仕様車 (デリカD:5、eKワゴン)では、シートがスイッチ操作により電動で回転し、さらに車外へスライドダウンすることにより、シートと地面との距離を縮め、乗り降りを容易にしているそうです。『デリカD:5』では2列目左側シート、『eKワゴン』では助手席に設定しています。

車いす仕様車 (ニールダウン式/テールゲートリフト式) (タウンボックス、ミニキャブ)では、車いすに乗ったままでの車内への乗り降りが可能になっています。ニールダウン式は、車両後部に収納された折りたたみ式のスロープを引き出して、乗り降りするタイプ。テールゲートを開け、リヤバンパーを開くと自動的に車両後部が下がり、地上高が低下するニールダウン機構により、スロープの勾配がゆるやかになります。

また、テールゲートリフト式は、車両後部に収納された電動リフトを使って、乗り降りするタイプ。昇降能力200kgのパワフルなリフトを、リモコンスイッチにて操作することが可能です。リフトは折りたたみ式の採用により、走行時の後方視界を確保しています。

スポンサードリンク

Category 三菱自動車

カーセンサーの身障者に優しい自動車サイドムービングシート仕様車』や『タウンボックス車いす仕様車』─三菱自動車のリンクについて

カーセンサーの身障者に優しい自動車サイドムービングシート仕様車』や『タウンボックス車いす仕様車』─三菱自動車のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。