アメリカ専用モデルの新型「マキシマ」─日産

アメリカ専用モデルの新型「マキシマ」─日産のページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

アメリカ専用モデルの新型「マキシマ」─日産

ニューヨークモーターショーでアメリカ専用モデルの新型日産マキシマ』が発表されました。

新型「Dプラットフォーム」(現行『アルティマ』で初採用)に、290hpを発揮する3.5リットルV6エンジンと、マニュアルモード付の「Xトロニック」CVTを搭載し、駆動方式はFFのみ。コンセプト「スポーツセダン」。これにより歴代のマキシマでも高い評価を受けてきた「4ドアスポーツカー」の要素を受け継ぎます。

新型は全幅をプラス40mmの1860mmに、全長をマイナス約100mmの4840mmに圧縮。ボディ全体はコンパクト化・軽量化されました。外観はコンパクトですが、居住空間は広く、ニールームを現行モデルより広くとったことで、セダンとしての居住性も向上したとのことです。

前後のトレッドは広げたましたがドア部分の車幅は広げておらず、ブーメランシェイプのヘッドランプとテールランプとボディ全体に抑揚を持たせた「流動体フォルム」とが特徴だそうです。

グレードは「S」と「SV」の2グレード。よりスポーティなSVにはパドルシフター、19インチホイール、4脚バケットタイプシートが装備。ハンドルもこれまでより10mm小径の『Z』と同サイズを採用しているそうです。運転席のシートはコックピットのよう。パッセンジャーエリアは開放感を高めているそうです。ルーフ全面を覆うデュアルパネルムーンルーフもオプションで用意されているとのことです。

スポンサードリンク

Category 日産

カーセンサーのアメリカ専用モデルの新型「マキシマ」─日産のリンクについて

カーセンサーのアメリカ専用モデルの新型「マキシマ」─日産のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。