ボンネット型軽乗用車初の後席両側スライドドア─スズキ「パレット」

ボンネット型軽乗用車初の後席両側スライドドア─スズキ「パレット」のページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

ボンネット型軽乗用車初の後席両側スライドドア─スズキ「パレット」

スズキからパレットが発売されました。エクステリアは「使いやすい大きさ」と「くつろぐための広さ」の両方をかなえる低床プラットフォームとロングホイールベース、後席両側スライドドアを採用したパッケージが革新的。特に、両側スライドドアはライバル車にはなくボンネット形軽乗用車では初。フロアからドア開口部分上端までの開口高が1230mm、開口幅が580mmと、狭い駐車場でも乗り降りが楽だそうです。スライドドアストッパーもついていて、前方に傾斜した坂道でも、スライドドアが勝手に閉まり、手や身体を挟むといった事故が起きないよう、安全面でも配慮しているとのこと。

インテリアはリビングのように広さと心地よさをあわせ持ち、座り心地と手触りにこだわって仕立てたシート体にやさしくフィット。長時間ドライブでも疲れにくい形状にしてあるとのことです。また専用チューニングしたオーディオには、車速によって音量や音質を自動調整するツインラウドネス機能を搭載。全席で伸びやかな高音と深みのある重低音が調和する音響空間になります。MP3やWMA方式の再生にも対応。ステアリングにはオーディオスイッチも装備し、スムーズな操作が可能になっています。またiPodにも対応していて、iPod接続ユニット(販売会社装着アクセサリー)を装着すれば、オーディオ本体でiPodの操作・充電が可能とのことです。価格は1,113,000円から1,693,650円まで。

スポンサードリンク

Category スズキ

カーセンサーのボンネット型軽乗用車初の後席両側スライドドア─スズキ「パレット」のリンクについて

カーセンサーのボンネット型軽乗用車初の後席両側スライドドア─スズキ「パレット」のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。