バイオ燃料に優遇税制、混合分をガソリン税免除に

バイオ燃料に優遇税制、混合分をガソリン税免除にのページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

バイオ燃料に優遇税制、混合分をガソリン税免除に

 読売新聞の報道によると、経済産業省は、地球温暖化対策につながるバイオ燃料の普及を後押しする新たな優遇税制を、来年度にも導入する方針を明らかにしたそうです。

 同報道によると、その優遇税制というのは、ガソリンにバイオ燃料を混ぜた場合、バイオ燃料分のガソリン税を免除するということです。同省と農林水産省、環境省が共同で来年度の税制改正要望に盛り込み、政府税制調査会で本格的に検討されるそうです。自動車などの運輸部門で、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)の排出量を減らすため、税制面で支援するということです。

 具体的には、バイオ燃料をガソリンに混ぜた場合、1リットル当たり53・8円のガソリン税(揮発油税と地方道路税)を、軽油に混ぜた場合は同32・1円の軽油引取税を、それぞれバイオ燃料分について非課税とする方針だそうです。そして3%のバイオエタノールを混ぜたガソリンは、1リットル当たり1・61円の減税となります。現在はバイオ燃料をガソリンに混ぜても、すべてにガソリン税が課せられています。

 バイオエタノールの価格はガソリンよりやや高いので、ガソリン価格を1リットル当たり145円、バイオエタノールの輸入価格をガソリンより1割ほど高いと仮定すると、単純計算では3%の混合燃料は1リットル当たり0・43円ガソリンより高くなる。しかし、優遇措置によりバイオエタノール分が非課税となれば逆に1・18円安くなるということです。

 現在、国内では技術的にはガソリンへのバイオ燃料の混合割合は3%が上限ですが、今後、割合を増やす技術革新が進めば、非課税によるバイオ混合燃料の割安感は一段と高くなるそうです。政府では低燃費車などの自動車税を軽減する「自動車グリーン税制」と同様に、燃料についてもグリーン税制を整備して、バイオ燃料の普及を図るそうです。

スポンサードリンク

Category その他

カーセンサーのバイオ燃料に優遇税制、混合分をガソリン税免除にのリンクについて

カーセンサーのバイオ燃料に優遇税制、混合分をガソリン税免除にのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。