トヨタがコースター全車「平成17年(新長期)排出ガス規制」への対応でマイナーチェンジ

トヨタがコースター全車「平成17年(新長期)排出ガス規制」への対応でマイナーチェンジのページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

トヨタがコースター全車「平成17年(新長期)排出ガス規制」への対応でマイナーチェンジ

この夏は、環境の夏と名づけてもいいかもしれませんね。お盆の規制ラッシュなんかでは排ガスでいやな思いをする人もいることでしょう。そうしたことに商店をあてたかどうかはわかりませんが、JCN NEWSWIREの報道によるとトヨタはコースターを環境性能を高めてマイナーチェンジし、全国のトヨタ店(大阪地区は、大阪トヨペット)を通じてこのほど発売したそうです。

今回のマイナーチェンジでは全車「平成17年(新長期)排出ガス規制」に対応。
1.ディーゼルエンジン車に、改良型 N04Cディーゼルエンジンを搭載
2.インタークーラー付電子制御可変ノズル式ターボチャージャー、コモンレール式燃料噴射システムの採用
3.クールEGR*1(排出ガス再循環)システムの強化
などにより、さらに進化したクリーンディーゼルシステムDPR*2を採用したとのことです。こうしたことでビッグバンおよびマニュアル車は、PM(粒子状物質)排出量を規制値よりさらに10%低減、ビッグバンを除いたECT車ではNOx(窒素酸化物)およびPM排出量をそれぞれ規制値よりさらに10%低減させ「低排出ガス重量車」の認定を国土交通省より取得したそうです。

またLPG車は、排出ガス浄化システムの改良でNOx排出量を規制値よりさらに10%低減。これまた「低排出ガス重量車」の認定を国土交通省より取得。電子制御式オートマチックトランスミッションを全車6速化することで、燃費および走行性能を向上させたそうです。

内外装面ではヘッドランプ・フロントグリル・シート表皮などの意匠を変更。外板色にシルバーメタリックを新たに設定。電動格納式助手席リモコンアウターミラー(除くビッグバン助手席ドア付車、LPG車)、リモコン調整式インナーミラー(EX、スーパーラウンジ)標準装備などの改良で、使用性を一層向上させたとのことです。さらに、ナビゲーション/オーディオ・コントロールパネルの配置を変更。ドライバー側へ向けることで見やすさや使用性を改善。サイドパネルにサイドターンシグナルランプを追加設定し、視認性も向上させたとのことです。ウェルキャブ(メーカー完成特装車)もベース車同様の改良を行ったうえでラインアップの見直しを図っているとのことです。

スポンサードリンク

Category トヨタ

カーセンサーのトヨタがコースター全車「平成17年(新長期)排出ガス規制」への対応でマイナーチェンジのリンクについて

カーセンサーのトヨタがコースター全車「平成17年(新長期)排出ガス規制」への対応でマイナーチェンジのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。