呼気中アルコール濃度が基準以下でエンジンがかかる飲酒運転防止装置─日産が公用車に

呼気中アルコール濃度が基準以下でエンジンがかかる飲酒運転防止装置─日産が公用車にのページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

呼気中アルコール濃度が基準以下でエンジンがかかる飲酒運転防止装置─日産が公用車に

 日産自動車はこのほど、運転者の呼気中のアルコール濃度を検知する飲酒運転防止装置を、地方自治体の公用車に試験的に導入すると発表しました。自治体から装置の信頼性などに関するデータ提供を受け、自社の技術開発に役立てるとのことです。導入開始は8月1日から。栃木県などで実施します。

 同装置は既に欧州で実用化されているドイツ製のもので、栃木県と上三川町、神奈川県厚木市、北九州市の公用車計8台に無償で装着。運転者がエンジンキーをスタート位置にして装置に息を吹き込み、呼気中アルコール濃度が基準以下なら、エンジンがかかる仕組み。これで成果が上がれば、一般の乗用車にも搭載するのでしょうかね。そうなれば、飲酒運転での事故が減ることにつながっていいですね。

スポンサードリンク

Category その他

カーセンサーの呼気中アルコール濃度が基準以下でエンジンがかかる飲酒運転防止装置─日産が公用車にのリンクについて

カーセンサーの呼気中アルコール濃度が基準以下でエンジンがかかる飲酒運転防止装置─日産が公用車にのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。