バンパーなどのリサイクルでタイガー工業、粉砕機を独自開発─沖縄

バンパーなどのリサイクルでタイガー工業、粉砕機を独自開発─沖縄のページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

バンパーなどのリサイクルでタイガー工業、粉砕機を独自開発─沖縄

琉球新報によりますと、自動車のバンパーなど塗料付きプラスチックが産業廃棄物として捨てられてきましたが、リサイクル製品の製造を手掛けるタイガー工業(うるま市、島袋盛義社長)がこのほど、塗料付きプラスチックを粉砕しリサイクル製品の原料として樹脂化できる粉砕機械「省エネルギー型樹脂再生自動化プラント」を開発、導入しました。

これまで塗料付きプラスチックは機械を詰まらせるためリサイクル化ができませんでしたが、省エネルギー型樹脂再生自動化プラントでは塗料を落とすため、塗装面に砂を吹き付けるほか熱湯をくぐらせ塗料と樹脂を分離。熱湯は太陽熱を利用した温水装置で循環させるなど機械そのものも省エネにこだわったそうです。設計を担当したタイガー工業では今後は機械を動かす電力の一部も風力や太陽光発電で賄えるようにし、ますます自然の力を利用した機械にしたい意向のようです。

スポンサードリンク

Category その他

カーセンサーのバンパーなどのリサイクルでタイガー工業、粉砕機を独自開発─沖縄のリンクについて

カーセンサーのバンパーなどのリサイクルでタイガー工業、粉砕機を独自開発─沖縄のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。