トヨタ自動車新型コンパクトミニバン車種「パッソセッテ」新発売

トヨタ自動車新型コンパクトミニバン車種「パッソセッテ」新発売のページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

トヨタ自動車新型コンパクトミニバン車種「パッソセッテ」新発売

 トヨタ自動車新車情報です。新型コンパクトミニバン車種パッソセッテ」がトヨタとダイハツの共同企画で誕生。昨年12月25日から全国のカローラ店で発売を開始しました。同車は全長4180mm、全幅1695mm。7人がしっかり乗れるキャビンを収めた3列シートミニバンだそうです。車両企画はトヨタとダイハツが共同で、また開発のほうはコンパクトなクルマづくりに長けたダイハツが行いました。生産はダイハツ、トヨタへのOEM供給で販売しているそうです。  パッケージの特徴は、2750mmのロングホイールベース、セカンドシートは分割スライド対応。5人乗車ならもっとゆったり感が味わえるそうです。 ダイハツ製1.5 リッターDOHCのパワーユニット、4速ATのトランスミッション。4WDモデルもラインアップ。グレードはベーシックなX、主力グレードのG、エアロタイプのSの3種類。GとSには装備を簡略化した「Cパッケージ」も設定。価格は149万円とのこと。  同車はスペース系軽乗用車からの上級移行に応えるクルマづくりをめざすダイハツと、コンパクトな7人乗りミニバンが欲しかったトヨタのニーズが共同で企画をスタート。トヨタの要望入れながらダイハツが開発を進めました。エクステリアはボンネットから一直線につながる傾斜の強いフロントウインドウと若干後ろ下がりのルーフが伸びやかさを感じさせます。同車種はエアロタイプ(S Cパッケージ/S)も選択できます。  ロングホイールベースを生かしたゆとりが特徴の3列シートは、1列目と2列目、2列目と3列目の前後乗員間距離をそれぞれ880mm、750mmとし、3列目シートは、スイングドアで最大開口幅935mm。リアドア、低床フロアを採用していて、快適な居住性を実現しています。  収納スペースは、2列目、3列目をフラットにした「2・3列目フラットラゲージモード」では、最大荷室長1810mm、荷室高 860mm。広々としたラゲッジスペースを実現しています。また開口部の地上高は690mmと抑え、小柄な女性でも使い勝手は良好だとのことです。 ほかにも子育てママを含めたファミリーにターゲットを絞った装備に工夫が凝らされ、室内各所はペットボトルが入る小物入れを配置。また助手席シートバックは「助手席シートバックティッシュポケット」が標準装備。運転席正面にもディッシュボックスをそのまま収納できる「運転席アッパーボックス」が搭載されているそうです。

スポンサードリンク

Category トヨタ

カーセンサーのトヨタ自動車新型コンパクトミニバン車種「パッソセッテ」新発売のリンクについて

カーセンサーのトヨタ自動車新型コンパクトミニバン車種「パッソセッテ」新発売のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。